マーケマーケ-Web担当者のマーケティング課題を解決

Googleアナリティクスの導入設定!初めてのアカウント作成からコード設置まで【2020年】

GoogleアナリティクスはWebサイトについて、いつ、どんな人が、どんな経路で、どんな端末で、どのページを、どれくらい閲覧しているのかを把握できるツールです。Web管理やマーケティングには欠かせないツールとなっていますが、「導入」経験はない人の方が多いのではないでしょうか。

この記事ではGoogleアナリティクスが未設定のWebサイトについて、新規登録からトラッキングコードの設置までをやさしく解説していきます。(2020年の最新バージョンです)

対象者:
・Googleアナリティクスを独学で勉強し始めた初心者さん
・Webサイトの管理、運用保守を任されたばかりの新米Web担当者さん

1. Googleアナリティクスの導入設定は4つだけ

Googleアナリティクスを使い始めるための導入設定は、実はたった4ステップだけです。

  1. Googleアナリティクスの新規登録
  2. トラッキングコードの取得
  3. トラッキングコードの埋め込み
  4. 正しく設定できているかの確認

トラッキングコードの埋め込みが少し難関ですが、簡単なHTML編集ができる方であれば30分もかかりません。さっそく設定していきましょう。

1-1. Googleアナリティクスの新規登録(アカウントの作成)

下記からGoogleアナリティクスにアクセスします。
https://analytics.google.com/

新規登録(アカウントの作成)で聞かれる情報は下記のとおりです。あとから変更できるので、まずは登録を完了させてしまいましょう。

Googleアカウントの選択新規登録するGoogleアカウント(@gmail.com)を選択します。

Googleアナリティクスを使うには、Googleアカウントが必要です。まずは個人アカウントで作成し、運用者が増えてきたら専用アカウントを作りましょう。
アカウント名例)ねこ商事

会社名や事業名を入れましょう。管理画面上のみに表示され、公開はされません。
測定の対象下記から一つ選択します。
・ウェブ
・Apps
・アプリとウェブ


Apps(アプリ)とは、ネイティブアプリのことです。iPhoneアプリ・Androidアプリとも呼ばれています。
ウェブサイトの名前例)ねこちゃん通販

計測したいサイトの名称を入れましょう。管理画面上のみに表示され、公開はされません。
ウェブサイトの URL下記から一つ選択します。
・http://
・https://

自社サイトのURLを確認して「s」が付いているかいないか確認しましょう。

例)nekochan-ec.com

計測したいサイトURLを入れましょう。「http://」「https://」より後ろを入力します。
業種下記から一つ選択します。
・ニュース
・ペット、動物
 : 


画面上に出てくる「操作ヒント」が若干変わる程度なので、なんとなく近しい業種を選択しておけば問題ありません。
レポートのタイムゾーン下記から一つ選択します。
・アメリカ合衆国
・日本
 : 


レポートを表示する際のタイムゾーンに反映されます。自社サイトがメインターゲットとしている地域(国)を選択しましょう。よくわからなければ自分がいる地域(国)を選択しておけば問題ありません。

次に進むと、利用規約が表示されるので同意します。

Googleアナリティクスの導入設定について利用規約画面の説明

Google社からのメールを受信するかを選択します。(不要であればチェックをはずします)

Googleアナリティクスの導入設定についてメール受信設定画面の説明

これでGoogleアナリティクスの新規登録(アカウントの作成)は完了です。

1-2. トラッキングコードの取得

Googleアナリティクスの新規登録(アカウントの作成)が完了すると、トラッキングコードが表示されます。枠内が「トラッキングコード(グローバルサイトタグ)」です。右クリックでコピーができます。

Googleアナリティクスの導入設定についてトラッキングコード取得の説明

もし表示されていない場合は下記手順で表示させましょう。
① 画面左下の「⚙管理」をクリック 
② 画面中央の「トラッキング情報」をクリック
③「トラッキングコード」をクリック

1-3. トラッキングコードの埋め込み

コピーしたトラッキングコードは、HTMLデータに埋め込みます。下記のようにHTMLのタグの直後に貼り付け、保存しましょう。

Googleアナリティクスの導入設定についてトラッキングコード埋め込みの説明

そしてこのトラッキングコードは「Webサイト内の全ページ」に埋め込む必要があります。Googleアナリティクスはトラッキングコードが埋め込まれているページのみが計測される仕組みなので、入れ忘れたページは計測されません。漏れがないように注意してください。

もしHTMLデータの編集方法がわからない場合は、情報システム部署に依頼したり、下記URLを参考にしてみてください。

他にもWordPressやWixで作られているサイトだったり、noteなどブログサービスを利用している場合はそれぞれ設定方法が違います。サービス提供元に解説ページが用意されているので探してみましょう。
有名なサービスについては、下記にいくつか参考URLを記載しておきます。

Security check

noteでのGoogleアナリティクス設定方法

1-4. 正しく設定できているかの確認

トラッキングコードの埋め込みができたら、最後は正しく設定できているかの動作確認をしましょう。確認には「リアルタイム」と呼ばれるレポートを使います。

  1. Googleアナリティクスの画面左側から「リアルタイム」の概要を選択する
    リアルタイムレポートは、その名の通りリアルタイムのアクセスを表示してくれます。「続きはWEBで」などのCMを打った直後にアクセスがきているかどうか確認するのが主な用途です。
  2. 自社サイトにアクセスする
    「リアルタイム」レポートを表示させた状態で、自社サイトにアクセスしたり、ブラウザを閉じたりを繰り返してみてください。PCでもスマートフォンでもどちらでも構いません。
  3. リアルタイムレポートのカウントを確認する
    「リアルタイム」レポートの枠内でカウントが増減したら、おめでとうございます!無事アクセスが計測されています。

カウントの増減が確認できなかった場合のヒント

・アクセスが多くてどれが自分かわからない場合は、アクセスが少ないページ(URL)で試してみましょう。
・アクセスしているURLは合っていますか?スマホからのアクセスだけURLを変えているサイトもあります。
・PCからスマートフォンなどへ、使用する端末を変えてみましょう。特定端末からのアクセスをGoogleアナリティクスに集計させないアプリが入っている場合があります。
・Wi-Fiからモバイル回線などへ、繋ぐ回線を変えてみましょう。会社回線からのアクセスを除外設定している場合があります。

おんちゃーん
おんちゃーん

聞ける相手がいない場合は、お問い合わせフォームからご相談いただくこともできます。手探りで進めるより、詳しい人にアドバイス貰いながら一緒に進める方がいいかもしれません。お気軽にお問い合わせください。

2. Googleアナリティクスの画面を見てみよう

導入設定は以上で完了です。これでGoogleアナリティクスを使い始めることができるようになりました。

2-1. はじめはまっさらでOK

導入設定直後のGoogleアナリティクス画面はこちら。0、0、0……まっさらですね。少し心配になってしまいますがこれで正解です。Googleアナリティクスには導入設定がおわった「今日以降」のデータが溜まっていくことになります。

Googleアナリティクスの初期画面を見てみよう

2-2. Googleアナリティクスは設定してからデータが溜まり始める

Googleアナリティクスは設定した内容・条件に沿ってデータが溜まっていく仕組みです。過去にさかのぼってデータを集めたり、既に溜まってしまった過去データを再集計し直したりといった編集はできません。ほしいデータがあれば早めに初期設定をしておきましょう。

3. Googleアナリティクスは事前準備が大変

お疲れ様でした!
Googleアナリティクスを使い始めるための導入設定について、新規登録からコード設置までを解説しました。結構めんどくさい作業が多かったと思います。Web担当やマーケティング担当と聞くと華やかなイメージですが、意外と泥臭い作業が多いものです。少しでもお役に立てていれば幸いです。

また下記のようなご要望があれば、お気軽に問い合わせフォームからご相談ください。
「わからないことを直ぐに聞ける相談相手が居てくれたら……」
「自分の代わりにGoogleアナリティクスを操作してくれるメンバーがほしい」
「レポートから戦略まで落とし込んでくれるアドバイザーがほしい」

・2H/隔週 の定例MTGに出席してアドバイス
・10H/月 の相談窓口
など、ご状況に合わせてご相談にのらせていただきます。

この記事を書いた人
おんちゃーん

フリーランスのWEBディレクター。
戦略策定やSEOなどのマーケティングを中心に、企業向けのコンサルをしています。

広範囲スキルで幅広くカバーできることと、提案スピードが強み。マーケ、上流設計、制作開発テストのPM、運用、PdM、ときには教育係、講師、経理法務など幅広くサポートします。

データ分析
マーケマーケ-Web担当者のマーケティング課題を解決
タイトルとURLをコピーしました